429
Too Many Requests

褦ȤڡɽǤޤǤ

Υ顼ϡ¿ΥꥯȤäȤ̣ޤ
֤֤ƺ٥Ƥ

ʲΤ褦ʸͤޤ

  • ִṲ̄Webä
  • ץˤ̤ΥꥯȤȯ
429 Too Many Requests

429
Too Many Requests

褦ȤڡɽǤޤǤ

Υ顼ϡ¿ΥꥯȤäȤ̣ޤ
֤֤ƺ٥Ƥ

ʲΤ褦ʸͤޤ

  • ִṲ̄Webä
  • ץˤ̤ΥꥯȤȯ
.main-color,.hover-color:hover {color: rgba(79, 36, 30, 1);}#ez-toc-container, #ez-toc-container .ez-toc-title-container, .ez-toc-list li, #toc_container, #toc_container .toc_title, .toc_list li {border-color: rgba(79, 36, 30,.3);color: rgba(79, 36, 30,1);}a:hover, .content-post a, .calendar_wrap a {color: rgba(64, 80, 173, 1);}#page-top-menu {background: rgba(79, 36, 30, 1);}#left-icon-area i {color: rgba(255, 255, 255, 1);}#left-icon-area i:hover {color: #e7cb00;}#header-searchbox-area input[type="text"] {background: rgba(255, 255, 255, 1);}#header-searchbox-area input[type="text"] {color: rgba(0, 0, 0, 1);}#header-searchbox-area button {background: rgba(79, 36, 30, 1);}.top-related-article-list-button a, .related-article-list-sp-button {color: rgba(255, 255, 255, 1);background: rgba(79, 36, 30, 1);}.article-type-list .related-article-list a:after {background: #4f241e;}.article-type-list .related-article-list a:before {background: #e7cb00;}#sidebar-searchbox-area form, #sidebar form, .search-form {border-color: rgba(79, 36, 30, 1);}#sidebar-searchbox-area button, #sidebar form button, .search-form button {color: rgba(79, 36, 30, 1);}#sidebar .sidebar-head {color: rgba(79, 36, 30, 1);}#global-header, #sp-sub-navigation-wrap, #global-navigation .sub-menu {background: #ffffff;}#site-id a {color: rgba(79, 36, 30, 1);}#global-navigation li a {color: rgba(0, 0, 0, 1);}.cls-1 {fill: rgba(0, 0, 0, 1);}.hover-boderbottom-color {border-bottom: 2px solid rgba(255,255,255,0);}.hover-boderbottom-color:hover {border-bottom: 2px solid rgba(79, 36, 30, 1);}#sp-navigation-content-wrap {background: rgba(79, 36, 30, 1);}.sp-navigation-head {color: rgba(79, 36, 30, 1);background: #ffffff;}#sp-searchbox-area button {background: rgba(255, 255, 255, .5);}#sp-navigation-content-wrap .related-article-list-date,.sp-navigation-related-list a, .widget-inner-spmenu a,#sp-icon-area li a {color: #ffffff;}#sp-searchbox-area input {background: rgba(255, 255, 255, .3);}#one-column,#two-column {background: rgba(255, 255, 255, 1);}#main,.sidebar-widget {background: rgba(255, 255, 255, 1);}#breadcrumbs li a {}.content-post h2 {color: rgba(255, 255, 255, 1);}.content-post h2 {background: url(https://menkami.com/wp-content/themes/shaper/img/headline-shadow-white.png) no-repeat left top rgba(79, 36, 30, 1);}.content-post h3 {border-color: rgba(79, 36, 30, 1);}.content-post h4 {border-color: rgba(79, 36, 30, 1);}.post-categories li a, .related-article-list-category .inner, #copy-btn, #pagenate a, .sp-sub-navigation-menu-list a {color: rgba(255, 255, 255, 1);background: rgba(79, 36, 30, 1);}.post-categories li a:hover, #copy-btn:hover, #pagenate a:hover {color: rgba(255, 255, 255, 1);background: rgba(252, 96, 130, 1);}.tagcloud a:hover, .post-author-list-btn a, .authors-list .post-author-list-btn a, #comment-submit, input[type="submit"], .continue-button a {color: rgba(255, 255, 255, 1);border-color: rgba(255, 255, 255, 1);;background: rgba(79, 36, 30, 1);}.tagcloud a, .post-author-list-btn a:hover, .authors-list .post-author-list-btn a:hover, #comment-submit:hover, input[type="submit"]:hover, .continue-button a:hover {color: rgba(79, 36, 30, 1);background: rgba(79, 36, 30, 0);}.comment-list-txt {background: rgba(252, 96, 130, 1);}.content-post hr {border-color: rgba(79, 36, 30, 1);}.pnavi-prev-icon,.pnavi-next-icon {color: rgba(79, 36, 30, 1);}.related-article-list-head,.archive-related-article-list-head {color: rgba(0, 0, 0, 1);border-bottom-color: rgba(0, 0, 0, 1);}.related-article-list-head:after {background: rgba(0, 0, 0, 1);}#related-article-list-wrap {background: rgba(255, 255, 255, 1);}.aside-head {color: rgba(79, 36, 30, 1);}.related-article-list-head.aside-head:after {background: rgba(79, 36, 30, 1);}.related-article-list-eyecatch:before {border-color: rgba(79, 36, 30, 1) transparent transparent transparent;}#top-btn a {border-color: rgba(79, 36, 30, 1);color: rgba(79, 36, 30, 1);}#top-btn a {background: rgba(255, 255, 255, 1);}#global-footer {background: rgba(79, 36, 30, 1);}.footer-menu-title {color: rgba(255, 255, 255, 1);}#global-footer-menu li a, #global-footer-menu .footer-info-area p.footer-info {color: rgba(0, 0, 0, 1);}#global-footer-menu .footer-info-area .footer-info-sitetitle {color: rgba(79, 36, 30, 1);}#global-footer-info-area {color: rgba(255, 255, 255, 1);background: rgba(79, 36, 30, 1);}

男性の【薄毛対策】の基礎知識と手段!

男性薄毛対策

LINE友達登録で「健康な髪」が実現します。

メンズヘアケア倶楽部では、あなたに合ったヘアケア方法が見つけやすい環境を提供します
メンズヘアケア倶楽部を友だち追加

※LINEをブロックしていただければすぐに配信を停止できます。

男性の薄毛対策の基礎知識とその手段についての記事です。
実は10代や20代から抜け毛や薄毛(若ハゲ)に悩んでいる人は意外と多いんです。
30代以降の方にも同様のことが言えます。女性の目も気になりますね。

もうそろそろいい歳だから仕方ない、といって諦めていませんか?
男だから髪が薄くてもいい、なんてこと全くありませんよね!

『今』はまだ髪があるから何もしなくていいと思っても、ストレス社会の中で、普通に生活しているだけでも髪への影響はあるんです。

今回はそんな『薄毛』の対策についてお話していきます。

髪型を楽しむなら髪をいたわりましょう!アミノ酸系シャンプーランキングの特集記事はこちらです。

男性で大人なら薄毛の問題は見ないふりできないですよね育毛剤ランキングの特集記事はこちらです。

くせ毛を上手くスタイリングするにはシャンプーの見直しを!くせ毛に良いシャンプーの特集記事はこちらです。

男性の薄毛対策で髪は増量できるのか?

減っていった髪は増えるのか?
単刀直入に言います。改善は可能です!

生活習慣の改善・シャンプーの改善・育毛剤を使うなどの予防策で毛は再び健康に太く、増量する結果を多くの男性が経験しています。

育毛剤などは多くのおすすめランキングサイトがありますね。

ネットなどで否定的な意見などもありますが、理由や要因を理解し上手に向き合うことが大切になってきます。

では実際にどのような対策が効果的かを項目ごとに説明していきます。

ちなみに育毛剤には、育毛できるものと、発毛もできるものとは成分が違うので注意が必要です。

育毛剤ランキングの特集記事はこちらです。

そもその薄毛の原因は?

薄毛の原因は、さまざまな要因で、毛のサイクル(毛周期)が乱れるのが原因です。

毛のサイクルが乱れる原因は、栄養不足・ストレス・睡眠不足・タバコやお酒などがあります。

また、男性ホルモンに関わるものは、テストステロンの増加というよりも、そこから生成されるジヒドロテストステロンが原因です。

加齢や遺伝が原因という意見もありますが、AGAの原因はおよそ上記の問題が原因なのです。

男性薄毛の対策:食べ物

薄毛対策の食べ物

薄毛に良い食べ物はレバー、カキなどがありますなぜなら薄毛予防に重要な栄養素は、亜鉛とビタミンが豊富だからです。

偏った栄養バランスは身体や頭髪へ非常に大きく影響します。
仕事や人付き合いから、どうしても意に反した食事を取らなければならない場面もあります。

とは言ったもののいざ栄養を考え、実践しようと思い立っても何を摂取したらいいのか具体的に分かりにくいですよね。

そこで、薄毛対策に効果的な成分や食べ物についてご紹介していきます。

タンパク質と亜鉛を摂る(サプリが良い)

髪の毛はタンパク質が主成分で作られており、摂取すれば髪の毛の成長を促進させてくれます。主に魚、肉、卵などです。
そして健康な頭皮はビタミンが形成してくれており、主にビタミンB2、B6、Eを摂取するようにしましょう。
ビタミンB2、B6はタンパク質の代謝を担っている大切な成分で、頭皮の皮脂分泌を抑制し、かゆみや頭皮の乾燥、炎症にも効果が期待できます。

次に、亜鉛です。
亜鉛の役割に関しては、摂取したタンパク質を髪の毛や体の重要な器官に変えてくれる役割をもっています。
この亜鉛不足が原因で抜け毛や白髪などに大きく影響します。

タンパク質、ビタミン、亜鉛、これらを意識し食事に上手に組み込むことってなかなか大変ですよね!
そこで、食事にほとんど時間を割かなくてもいいようにサプリメントをとると良いでしょう。
サプリメントなら時間もかけずに適量の摂取が可能です。食事の度に摂取するだけなので簡単でおすすめです!

男性薄毛の対策:ストレス

薄毛や抜け毛はストレスが原因になっている場合も少なくありません
仕事や人間関係、家庭環境、様々な要因で感じてしまうストレス。
正直、現代社会とは切り離せないものですよね。

例えば、円形脱毛症などはストレスで起こると有名な話ですが、このようにストレスと髪の毛の関係って非常に濃いものになっているんです。

そんな目には見えないストレスですが、一体どのように対策をとれば解決するのか、ご紹介いたします。

リラックスについて

脱ストレスに一番大切なことは精神面でのリラックスです。
ストレスがかかっている状態だと交感神経が活発になり、ストレスに負けないよう身体に働きかけます。頭皮も同様です。つまり身体を休ませ修復してくれる副交感神経が働いてくれない状態になるのです。
その結果として頭皮への負担が増え、修復が間に合わず抜け毛の原因となります。

日々感じているストレスから完全に開放されることは難しいですが、休みの日や一人になれる時間にはなるべく気分を変えてリラックスしましょう。
運動や買い物、好きなことをして身体を労わってあげる、それがとにかく大事になってきます。
自分なりの発散方法を持っておくとストレスとの付き合い方が楽になるのでもっておきましょう。

男性薄毛の対策:睡眠

薄毛の対策として、生活習慣を改めることが重要です。
皆さんは毎日よく眠れていますか?

成人男性の理想睡眠時間は6~8時間ほどといわれております。

髪の毛の育成には成長ホルモンが関わっており、毎日安定した睡眠がとれていない、眠りが浅い人はそれだけ成長ホルモンが働きにくいのです。

では実際に気を付ける点についてお話していきます。

10時から2時は寝る

生活リズムは仕事などの影響で人によってバラバラですが、夜の10時~2時の間は睡眠をとるようにしましょう。また、夜の10~2時は『美容のゴールデンタイム』なんて耳にしたことはありませんか?

これは睡眠時の成長ホルモンが非常に多く分泌される時間帯だからなのです。特に寝入ってからの最初の4時間は分泌量も多い時間で、薄毛予防に大変有効な対策です。

よい睡眠をとる条件

何が良い睡眠で、何が悪い睡眠か、それはずばり睡眠の充実度です。
浅い眠りほど、眠っている間の成長ホルモンは活性化せず、深い眠りほど活発に身体に働きかけてくれるからです。

深い眠りに就くと身体も休まり、疲労も解消されます。
ただただ長い睡眠がいいというわけではなく、適切な睡眠時間を守って深い眠りに就けるようにしましょう。

また、昼寝に関しては30分程度なら夜の睡眠に影響はなく、夜眠りに就く際の寝つきがよくなります。そんな都合よくコントロールできないという方はカフェインを睡眠前に摂取すると30分後あたりから効果が出だすので、コーヒーなどを飲んでから昼寝するといいですよ!

夜の睡眠に関しては、よく『あったかいもの』を飲むと寝つきやすいといわれていますが、これは深部体温を上げてしまう為逆効果になってしまいます。常温から少し冷たいくらいのお水を飲むと深部体温が下がり、寝付きやすくなりますのでおすすめです。

なかなか寝付けない方はぜひ試してみてください。

男性薄毛の対策:タバコやお酒

皆さんはタバコやお酒とはどのように向き合っていますか?

実は髪の毛と切っても切れない関係にあるのがタバコとお酒なんです。
アルコールに関しては適量なら健康促進に役立ちますが、過剰摂取をすると肝臓への負担も大きく頭皮や頭髪へも悪影響をもたらします。
特にアルコール摂取によって発生するアセトアルデヒドは抜け毛や薄毛を促進させてしまうといわれています。

タバコは血管の収縮を引き起こすことは有名な話ですよね!
喫煙によるメリットは健康面からも頭髪、頭皮から見てもないと言い切って問題ないと思います。血管が収縮することで血流が悪化し、髪の毛や頭皮に栄養が回りにくくなります。

このようにタバコとお酒どちらも薄毛、抜け毛に影響がありますので、一度やめてみてはいかがでしょうか。あるいは摂取量を少なくすることから始めていきましょう。

嗜好品は代わりのものを!

お酒は完全に絶たずとも、タバコに代わる嗜好品をいくつか挙げてみます。

・ガム、飴、タブレット類
・ニコチン、タール無しの水蒸気タバコ等

他にも数多くあると思いますが、多くの人は口元が寂しい、吸うこと自体が癖になっている、イライラを解消する為に吸っているなどなど。理由は様々ですが、本当に百害あって一利なしです。

上記のものなどを実際に試してみて、減煙、禁煙を目指しましょう。

男性薄毛の対策:洗髪

薄毛対策シャンプー

薄毛対策になるシャンプーはアミノ酸系シャンプーです。

なぜなのか詳しく説明します。

頭を洗うこと自体が薄毛対策に直結します。
洗髪する際、注意しなければならないことが2つあります。

  • 1つ目『頭皮を洗うこと』
  • 2つ目『整髪料を洗い落とすこと』

この2つがとても大切です。

自分の頭皮って普段直接は見にくいですよね。
実は毛根や頭皮には小さく頑固な汚れが溜まりやすくなっています。
これをしっかり洗い落とさないと毛根に詰まった汚れが髪の毛の成長の妨げとなります。

アミノ酸系のシャンプーを使う

普段シャンプーを買うとき、成分や自分に合っているものなのか考えて購入していますか?
皆さん各々、お気に入りのシャンプーがあると思います。
泡立ちのよさ、匂いのよさ、好きなブランド等、ありますよね!

ただ今回は薄毛、抜け毛対策に合っているシャンプーをご紹介します。

『アミノ酸シャンプー』を使いましょう。
その理由は髪を健やかにし、頭皮に優しいからです。
低刺激で頭皮を痛めたりしませんのでおすすめです!

一般のシャンプー(石油系)は界面活性剤によって頭皮の皮脂を過剰に洗い流してしまいますので、市販の一般的なシャンプーと比べて少し値段は高いですが髪や頭皮を改善したいのなら試す価値ありです!

薄毛に良いアミノ酸シャンプーの特集記事はこちらです。

くせ毛を上手くスタイリングするにはシャンプーの見直しを!くせ毛に良いシャンプーの特集記事はこちらです。

洗髪後は頭皮を乾かす

疲れているからドライヤーしなくていいや、なんて思うことありませんか?
自然乾燥はNGです!

頭皮が湿った状態が続くと雑菌が繁殖しやすくなります。
自然乾燥によって起こりうる頭皮のトラブルを防ぐこともできます。

また、髪質の維持にもドライヤーは大切です。
髪の毛が一番変化するのは濡れている状態の時で、髪が濡れているとキューティクルが開きっぱなしになっています。キューティクルが剥がれてくると乾燥しバサバサに痛んだり変な癖が付いたり、挙句には髪が細くなるのです。

以上の理由から自然乾燥せず、しっかりドライヤーをしましょう。

整髪料をつけたまま寝ない

当たり前のことですが、整髪料はしっかり落としてから寝ましょう。

頭皮に汚れがこびりついたり詰まったりしてしまうとせっかくの睡眠中も髪の毛に栄養が行き渡らなくなり、結果的には薄毛を招いてしまいます。

それに枕や布団にも付くことによって顔の皮膚へも影響が出ますので、清潔に心がけましょう。

男性はリンスを使わずトリートメントをする

リンスとトリートメントの違いをご存知でしょうか?

リンスは髪の毛の表面のキューティクルに脂分を与え保護する役割で、トリートメントは髪の毛の内側から健康に修復してくれるものです。

リンスはしっかり洗い流さないといけません。脂分なのでそもそも頭皮につけるものではないため男性にはおすすめしません。頭皮に汚れが溜まる原因にもなります。

一方トリートメントはどうかというと、髪の毛の内部まで浸透するまで時間はかかりますが健康な髪へ修復してくれますので、塗布したら10分ほど放置してからしっかり洗い流しましょう。(トリートメントにも脂分は含まれる為きちんと洗い流してください)

男性は女性よりも頭皮の皮脂分泌が多いと言われていますが、全員がそうとは限らないので乾燥しがちな方はリンスも使用するとよいでしょう。

頭皮のマッサージをしよう

頭皮のマッサージは血行促進の効果があり、育毛効果もありますのでお風呂でトリートメントの放置時間などに行うようにしましょう。

1日5分ほどでも効果を得られるよう、簡単なマッサージ法をご紹介します。

手のひらで円を描くように、少し大きめの動きでこめかみから頭頂部、後ろのほうへゆっくりやってみてください。リラックス効果もあり入浴中やお風呂上りにおすすめです!

男性薄毛の対策:生活習慣を見直す

生活習慣を見直すことはとても大切です。
ここまで少し話してきましたが、睡眠や嗜好品や食事に関してだけではなく運動をすることも非常に効果的です。

どんな運動がいいのか、悩みますよね。
ですが意外と身近にあるものです、簡単に出来ますので見ていきましょう。

有酸素運動をする

有酸素運動の中でも一番簡単なのがウォーキングやサイクリングで、汗をかくほど疲れるくらいに行う必要もありません。
ゆっくり空気を吸いながら行うことが大切です。

血行改善に効果があり、髪の毛に栄養を運んでいる毛細血管も活性化させることができます。結果として育毛にも効果が見込めるのです。

大切なのは身体を動かしながら酸素を身体に取り入れること。少しずつでも始めてみて下さい。

男性薄毛の対策:ヘッドスパへ行く

ヘッドスパでは主に頭皮に付着した汚れを取り除いてくれます。毛穴を綺麗にし、育毛の妨げとならないよう頭皮環境を整えてくれます。

薄毛、抜け毛を防ぐにはまず頭皮の環境を整えることから始めましょう。
定期的にヘッドスパに通うことでいつまでも代謝のよい頭皮を作ることが大切です。

何よりマッサージもしてくれますし気持ちがいいです!思わず眠ってしまいそうになります。
身体のマッサージ同様に頭皮もリフレッシュ、リラックスが必要です。ヘッドスパ専門店が近くにない場合は一般の美容院でも取り入れているところはありますのでぜひ行ってみてください。

男性薄毛の対策:AGAクリニックへ行く

AGA(男性型脱毛症)という言葉、最近では当たり前のように耳にしますよね!
AGAクリニックとは一体どんなところなのでしょうか。そんな疑問にお答えします。

クリニックというほどですから病院なのですが、薄毛、抜け毛に幅広く対応しており、カウンセリングにて原因などを親身に聞いてくれます。
基本的にはお薬で改善を図っていくものですが、その効果は非常に高いといわれています。

薄毛や抜け毛は進行していくものです。自身でできる範囲のことをまずやってみて、それでも改善が見られない場合には一度相談に行ってみるといいかと思います。

男性薄毛の対策:育毛剤を使う

薄毛対策になる育毛剤

育毛剤ってなんだか魔法のアイテムみたいな気がしませんか?
もちろん実感できるまで時間がかかったり、個人差もあります。

しかし何もしないままでいても何も変わらないのです。AGAクリニックとは違い直接行かずともネットで購入も出来ますし、そういった意味では踏み出しやすいのでおすすめです。

育毛剤を選ぶときの判断基準は、副作用の無い無添加の商品を選びましょう。AGAクリニックで使われているような薬剤には、血圧上昇、めまいなど様々な副作用があります。

その一方無添加の育毛剤は副作用がほとんどありません。
育毛剤では改善できないかというとそうではありません。

多くの方が、髪が太ってきた、抜け毛が減ったという方や、産毛が生えてきたという方もいるのも確かです。

人によってその商品が合う合わないもありますので自分に合った育毛剤を選びましょう。

男性で大人なら薄毛の問題は見ないふりできないですよね育毛剤ランキングの特集記事はこちらです。

間違った知識:男性ホルモン「テストステロン」が薄毛原因ではない!

男性ホルモンの一つであるテストステロンですが、薄毛成分などといわれていたりしていました。皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

テストステロンは髪の毛を丈夫にしてくれる役割を担っており、適度に増加させるべきものなのです。

ですのでこのテストステロンが薄毛の直接原因ではないのです。

薄毛になる原因はジヒドロテストステロン

一番悪影響があるといわれているのがテストステロン同様、男性ホルモンの『ジヒドロテストステロン』です。

ジヒドロテストステロンは5a還元酵素×テストステロンでできる

分泌されたテストステロンと5a還元酵素が結合して生成される『ジヒドロテストステロン』が薄毛に悪影響を与えるものになります。

つまりテストステロンがジヒドロテストステロンに変化すること自体を抑えてしまえば解決するのです。

ジヒドロテストステロンを抑制するには生活習慣の改善、亜鉛の摂取が効果的です。

十分な睡眠も不可欠です。

5aリダクターゼの量は遺伝で決まる。育毛剤が活動を阻害する。

5aリダクターゼの保有量は遺伝で決まっています。
遺伝だからといって諦める必要はありません。

この酵素を抑制したい場合に有効なのが『ノコギリヤシ』の抽出成分です。
また、過去に育毛に関する臨床実験もされており、育毛にも効果があることが証明されています。

育毛剤とは、この5aリダクターゼを抑制するものです。

おすすめ育毛剤の特集記事はこちらです。

間違った知識:整髪料で薄毛になるわけではない

ワックスやスプレーが薄毛の直接的な原因だと思っている方もいるかと思いますが、そんなことありません。

頭皮に付着した整髪料に関してはシャンプーの際にしっかりと洗い落とせば問題ありません。
一番大事なことは、睡眠時に頭皮が清潔であることです。

まとめ

今回は男性の薄毛対策と改善方法について記事にしました。
いかがだったでしょうか。
正直、薄毛が原因で人に会うのも、外出することさえも嫌になりますよね。自信をなくすこともあるでしょう。

今回色々な対策や改善策をお話してきましたが、とにもかくにも行動することが重要です。
日常生活のちょっとした部分を変えるだけでも効果が現れることもありますので自分にできるものからチャレンジしてみてください。

髪型を楽しむなら髪をいたわりましょう!アミノ酸系シャンプーランキングの特集記事はこちらです。

男性で大人なら薄毛の問題は見ないふりできないですよね育毛剤ランキングの特集記事はこちらです。

くせ毛を上手くスタイリングするにはシャンプーの見直しを!くせ毛に良いシャンプーの特集記事はこちらです。

LINE友達追加で薄毛対策ハンドブック無料プレゼント!

この記事にコメントする

必須

3件のコメントがあります

429
Too Many Requests

褦ȤڡɽǤޤǤ

Υ顼ϡ¿ΥꥯȤäȤ̣ޤ
֤֤ƺ٥Ƥ

ʲΤ褦ʸͤޤ

  • ִṲ̄Webä
  • ץˤ̤ΥꥯȤȯ

Warning: imagecreatefromstring(): Data is not in a recognized format in /home/kishidesign/menkami.com/public_html/wp-content/themes/shaper/lib/common.php on line 240