【髪の毛を太くする!】シャンプーとサプリと育毛剤の知識

髪の毛太くアイキャッチ

LINE友達登録で「健康な髪」が実現します。

メンズヘアケア倶楽部では、あなたに合ったヘアケア方法が見つけやすい環境を提供します
メンズヘアケア倶楽部を友だち追加

※LINEをブロックしていただければすぐに配信を停止できます。

「髪の毛を太くする!」方法は短絡的に聞こえますがシャンプーとサプリメントそして育毛剤です。

髪の毛が細くなると、毛量が減り髪の間から頭皮が見えるようになり、薄毛に見られたりして気にしている男性は多いと思います。

ただちにできる方法で、髪の毛を太く成長させ、毛量を増やす習慣を始めましょう。

シャンプーで髪をいたわりましょう!アミノ酸系シャンプーランキングの特集記事はこちらです。

男性で大人なら薄毛の問題は見ないふりできないですよね育毛剤ランキングの特集記事はこちらです。

くせ毛を上手くスタイリングするにはシャンプーの見直しを!くせ毛に良いシャンプーの特集記事はこちらです。

髪の毛を太くする!すぐに結果がでる方法

男性の髪の毛が細くなる原因は、加齢やストレス、生活習慣の乱れなどにより、頭皮環境が悪くなるからです。

頭皮環境を良くするには、ストレスの少ない生活や規則正しい生活が必要ですが、髪の毛を太くするには、シャンプーの選び方や、栄養を与えるサプリメントや育毛剤の利用が早い結果を出せます。

髪の毛を太くするためにいろいろな商品が販売されていますが、髪の毛を太くできるかどうかは自分に合っている方法か確認が大切です。

では、髪の毛をすばやく太くするためにどんなシャンプーを選びどのようなサプリメントや育毛剤がおすすめなのか紹介していきましょう。

アミノ酸系シャンプーを使う

市販のシャンプーのほとんどは、石油系・高級アルコール系シャンプーといって、洗浄力は高いものの、刺激が強く、頭皮や毛根にダメージを与えるものです。

頭皮や毛根を健康に保ち、髪の毛を太くするためにはアミノ酸系シャンプーをえらびましょう。

アミノ酸系シャンプーは配合されている成分が髪の元の成分と一緒です。そのため、頭皮や髪に優しく髪の成長を促すことができます。

アミノ酸系シャンプーは頭皮環境に必要な皮脂を残しながら、髪の成長を阻害する皮脂をしっかり洗い落とす効果があるので、髪の成長を促進するのに有効です。

毛穴に皮脂が詰まると毛穴詰まりとなり毛穴が塞がって新しい髪の毛が生えにくくなるからです。

髪の毛を太くするには頭皮環境を整えることなので、その点を意識しましょう。

アミノ酸系シャンプーランキングの特集記事はこちらです。

スカルプシャンプーを使う

薄毛対策シャンプー

スカルプシャンプーも頭皮環境を整えるために使えます。

スカルプシャンプーにはフケやかゆみを防ぐためのサリチル酸、また肌荒れを防ぐためのグリチルリチンジカリウムなどが配合されています。

かゆみや肌荒れは髪の成長を阻害します。その原因は毛穴に皮脂が溜まることなので、スカルプシャンプーの有効成分で余分な皮脂をしっかり落とし、頭皮環境を整えることが可能です。

効果はアミノ酸系シャンプーと同じですが、スカルプシャンプーは洗浄力が高いため髪を痛めてしまう可能性もあります。そのため、トリートメントを行なって髪の潤いを保つようにしましょう。

サプリメントを利用する

サプリメント

髪の毛を太くするためにサプリメントを使用することもできます。

サプリメントを使用することで、AGAの原因となっているものや髪の成長を阻害する働きを抑制することができ、また、髪の成長に必要な栄養素を簡単に補給できます。だから髪の毛をすぐに太くすることができます。

髪の毛を太くするために取り入れる栄養素は、亜鉛やタンパク質、ビタミンB群、ミネラル、ノコギリヤシなどです。これらの成分は髪の毛を太くするために有効で、髪の成長を阻害する働きを抑制するため、髪の成長をスムーズに効率よく行えます。

これらの成分は食事でも摂取できる成分ですが、亜鉛やビタミンBのノコギリヤシミネラルなどはなかなか摂取するのが難しいです。

そのため、サプリメントで摂取していくのが効率良い方法と言えます。髪の毛の栄養素をしっかり補給するならサプリメントを使用していきましょう。

育毛剤を使う

薄毛対策になる育毛剤

育毛剤を使用して髪の成長を促すことも可能です。

育毛剤は頭皮に直接栄養素を与えられるので、髪の毛の成長をすばやく促すことが可能です。

髪の毛を太くするために育毛剤を使用することは定番かもしれませんが、選び方が大事です。

特に、育毛剤を使用するときはノコギリヤシが入っている成分を選びましょう。

ノコギリヤシはAGAの原因となっている5αリダクターゼの働きを抑制することが期待できます。

5αリダクターゼについては以下の引用をご覧ください。

5αリダクターゼは、テストステロンをより強力な男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」へと代謝します。
DHTは、男性ホルモンですから、それ自体は何も困った存在ではありません。
しかし、DHTが毛乳頭細胞に存在する「アンドロゲンレセプター」と結合することで、毛乳頭細胞から脱毛因子が放出されると、脱毛を促進し発毛や育毛を阻害してしまいます。その結果、ヘアサイクルが乱れ、抜け毛が増えて薄毛が進むという、髪の毛に関しては、まことにありがたくない作用を持っているのです。
引用:https://www.josaiclinic-fukuoka.com/column/1889#:~:text=5%CE%B1%E3%83%AA%E3%83%80%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%81%AF%E3%80%81%E4%BA%BA%E4%BD%93%E3%81%AB,%E3%81%95%E3%82%89%E3%81%AB%E9%AB%98%E3%82%81%E3%82%8B%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

ノコギリヤシは男性用の育毛サプリメントに含まれている成分ですが、サプリメントだけでなく育毛剤でも頭皮に直接成分が行き渡るので効果はかなり期待できます。

髪の毛が細いのは髪の成長が阻害されているからなので、AGAの原因となるものを抑制でする栄養素を与えてあげると髪の毛が太くなるのです。

育毛剤ランキングの特集記事はこちらです。

髪の毛を太くする基本の方法

髪の毛を太くする基本の方法はいろいろありますが、基本的な方法は髪の毛に必要な栄養素をしっかり摂取することです。髪の毛に必要な栄養素は以下のものです。内容を紹介していきましょう。

タンパク質を摂る

髪の毛を太くするためにタンパク質を摂取することはとても大事です。

髪の毛はケラチンと言われるタンパク質でできているため、タンパク質を摂取することで髪の毛を生成していくことができます。

タンパク質は食事で摂取することができる栄養素であり、牛肉や豚肉の赤身、鶏肉、卵、乳製品などがあります。食事で毎日タンパク質をしっかり摂取するなら髪の毛を太くしていくことができます。

亜鉛を摂る

髪の毛を太くするために亜鉛を摂取することも必要です。

亜鉛は食事で摂取したタンパク質を髪の毛や筋肉、臓器などに変える働きがあり、またAGAの原因となる5αリダクターゼの働きを抑制する効果があります。

タンパク質の効果を発揮して髪の毛に良い効果を与えるためには亜鉛の力が欠かせません。

亜鉛はレバーなどから摂取できますが、サプリメントで摂取した方が効率がいいです。

亜鉛とタンパク質を一緒に摂ることで髪の毛を太くする効果が高まるので、亜鉛も欠かさず摂取するようにしましょう。

ミネラル・ビタミンB群を摂る

ミネラルやビタミンBも髪の毛を太くするために必要です。

ミネラルやビタミンBはタンパク質の代謝向上をサポートする働きがあり、髪の毛が効率的に作られるようにしていきます。

タンパク質を補助する働きは髪の毛太くするために必要不可欠です。ミネラルやビタミンはアジやサバ、などの青魚から摂取することができます。

髪の毛を太くするため青魚も定期的に食べてミネラルやビタミンBを摂取するようにしましょう。

頭皮環境を良くする

頭皮環境を良くすることで太い強い髪の毛が生えやすくなります。

頭皮環境を良くするためには、髪の毛の余分な皮脂や汚れを落とすためにアミノ酸系シャンプーなどを使用し、また髪の毛に良い栄養素を摂取するためにバランスの良い食事をするのが大事です。

さらに、頭皮に栄養素がしっかり行き渡るように頭皮マッサージを行うとさらに良い効果が期待できます。

頭皮マッサージは血行を良くして血液中の栄養素が毛乳頭や毛母細胞に行き渡りやすくします。

血流が良くなれば髪の毛を太くでき、大手メーカーの実験では6ヶ月の頭皮マッサージで毛髪の密度が6%増加して髪の毛が太くなった報告もあります。

頭皮環境を整えるために頭皮マッサージもしっかり行いましょう。

よく睡眠をとる

髪の毛を太くするためにしっかり睡眠を取ることも大事です。睡眠不足になると成長ホルモンが減少して血行不良にもなるため、髪の毛が細くなってしまう原因となります。

そのため、睡眠にも注意を払っておくようにしましょう。睡眠は毎日最低6時間以上は取るようにして、深い熟睡状態を保つようにします。熟睡することで成長ホルモンがしっかり分泌され毛母細胞の働きも活性化するので、髪の毛が太くなりやすいです。

特に、夜10時から明け方2時までは、成長ホルモンが大量に分泌されるゴールデンタイムなので、夜10時から深夜2時の間が熟睡タイムにできればベストです。

注意したいのは浅くではなく深い睡眠をとるように心がけましょう。

飲酒・喫煙を減らす

飲酒や喫煙をしている方は量を減らすようにすると髪の毛を太くするのを早める効果があります。

飲酒は肝臓をアルコール分解に集中させてしまい、必要な栄養素を吸収しにくくなります。栄養素の吸収が少ないと髪の毛に栄養素が行きにくくなり、髪の毛の成長を妨げてしまうことになります。

また、喫煙は血管を狭くする作用があるため血行が悪化してしまいます。

血行が悪化すれば頭皮への血行も悪くなり、髪の毛の栄養素が頭皮に行きにくくなります。

体内のホルモンバランスも悪くなるなど、喫煙は髪の毛に悪い作用が多くあります。

そのため、飲酒や喫煙を減らして髪の毛を太くすることへの阻害を減少させるようにしましょう。

髪の毛が細くなる原因

髪の毛が細くなる原因についても知っておくことが大事です。

細くなる原因の3つを紹介します。

遺伝

遺伝によって髪の毛が細くなってしまうことがあります。自分の父親や祖父が髪の毛が薄い人であれば、自分も遺伝的に髪の毛が細くなる傾向となります。

遺伝は先天性のものなので髪の毛が細くなることはしょうがない部分があります。

しかし、遺伝でも対応次第で髪の毛を太くできるので積極的に対応すべきです。

外的要因(ストレス・紫外線)

外的要因であるストレスや紫外線などで髪の毛が細くなることがあります。

ストレスは体内ホルモンのバランスを崩すため髪の毛への成長が行き渡りにくくなり、髪の毛が細くなります。

紫外線は髪の毛の細胞や頭皮にダメージを与えてしまいます。

紫外線の強い場所にずっといて何も対策をしていないならダメージが蓄積されて細くなってしまうことがあります。

外的要因で髪の毛が細くなるなら、ストレス解消や外出時は帽子や日傘をさすなど対策を講じましょう。

内的要因(栄養不足・食べ物)

内的要因は食べ物による栄養素不足です。髪の毛に必要なタンパク質や亜鉛ビタミンBなどの栄養素がしっかり摂取できていないと、髪の毛の栄養が不足して細くなってしまいます。

特に、ダイエットをしている人や偏食傾向にある人は栄養不足になりやすいの注意が必要です。

結局は、サプリメントと育毛剤が最短ルート!

髪の毛を太くするためには、サプリメントや育毛剤を使用することが最短ルートになります。髪の毛を太くするには栄養素の補給と頭皮環境の改善です。栄養素の補給はサプリメントで行い、頭皮環境はアミノ酸系シャンプーや育毛剤で整えることができます。

髪の毛を太くしたい人は自分に合った育毛剤とサプリメントを選び、髪の毛を太くしていくようにしましょう。

育毛剤ランキングの特集記事はこちらです。

まとめ

髪の毛を太くしていく方法はいろいろありますが、今すぐにできる髪の毛太くする方法はアミノ酸系シャンプーやスカルプシャンプーを使い、効果的に育毛剤とサプリメントの使用です。これらを重視した上でバランスの良い食事や睡眠、アルコールや喫煙を少なくすることで効果を高めることができます。

髪の毛を太くすれば、毛量が増えて見え隠れしていた頭皮が目立たなくでき、薄毛感が軽減できます。

当サイトではヘアケアカテゴリーも充実させていきますのでご期待ください。

まずは、育毛剤について学びましょう、育毛剤おすすめ36選を悩み別でランキングしました。

最近話題のNMN体験してみました。髪がつやつやになり、頭皮のかさつきもなくなった体験ものせてます。是非ご覧になってください。

https://menkami.com/2020/10/25/nmn/

LINE友達追加で薄毛対策ハンドブック無料プレゼント!

この記事にコメントする

必須

2件のコメントがあります