薄毛改善の常識が覆される!未解明の薄毛治療へ問題提起の一書はこれ

日本人ルチア その他

あいさつ

こんにちは、このサイト「髪の毛log」を運営する島田タケトです。

当サイトでは薄毛改善の方法を研究し、薄毛改善に役に立つ情報を発信できるよう努めてきました。

今回は、株式会社ルチアさんの代表である東田雪子氏の新しい著書「日本人手間とお金をかけてハゲになる」を読み、これは注目に値すると判断し記事にすることにしました。

薄毛の原因は男性ホルモンでは無い!

東田雪子氏が率いる株式会社ルチアさんでは、男性の薄毛の原因は男性ホルモンでは無いという立場で運営されています。

私たちは、男性の薄毛の原因はテストステロンの増加であると科学的に証明されていると認識してきました。

しかし、数多くの患者を見てきた東田雪子氏は男性ホルモンで薄毛になった事例は一つもないとこの著書で語っています。

東田雪子氏は、エステサロンから脱毛症の分野に入った方で、頭皮も顔の肌も同じであるということ気づき、独自の研究をして育毛理論を完成されました。

氏の理論では、もし男性ホルモンが薄毛や脱毛症の原因であれば、男性ホルモンが一番多い20代や30代の薄毛患者が多いはず、しかし実際は40代以降にAGA患者が多いのが事実です。

この説だけ考えても、男性ホルモンが薄毛の原因では無いという疑念が生まれるはずです。

東田氏の理論を独自に検証した

そこで私も独自に調べましたが、どの皮膚科医も口ごもりましたが、ひとり皮膚科医の医師いわく、「40代以降にテストステロンの減少があり、ホルモンバランスを保つためにジヒドロテストステロンが増えることがある」と、しかし、元のテストステロンが減っているのに、たとえ酵素が増えたとしてもジヒドロテストステロンの増加には結びつかないのではないかという疑念を持ったのが感想です。

皮膚科医の説には無理を感じたのは僕だけでしょうか?

書籍にはAGA治療の被害者がルチアで薄毛改善に

著書では、東田雪子氏のもとを訪れた男性は、AGA治療に1千万円かけて、薬の副作用で男性性機能の異常をきたしていたそうです。

しかしルチアさんから見るとそれは、間違った頭皮の手入れを繰り返し、頭皮と皮下組織を痛めてしまい、髪が育ちにくくなっているに過ぎなかったのだそうです。

ルチアさんの育毛法は正しいシャンプーの仕方とトリートメントの仕方、育毛エッセンスの使用だけで、シンプルな方法です。

しかしその方法は東田雪子氏の育毛理論に基づいており、副作用もありません

男性にとって、薄毛治療の副作用が無いことはとても画期的なことだと思うのです。

この本を読めば薄毛改善の意識変革が起きる!

この本には、6つのケースを東田雪子氏が診て指導し、育毛に成功した事例が掲載されています。

まず、この事例を読んで育毛業界に一石を投じるルチアの育毛理論を覗いてみてはいかがでしょうか

書籍購入はこちらから¥550

タイトルとURLをコピーしました